亜波ライダー、福嶋竜也の巻!

In: NEWS

13 10月 2016

こんにちは。

前回よりかなり早いタイミングでのブログアップ!!

諒大バージョンの時に、
「おたくのブログ年二回やんww」
と言う突っ込みをいただきました(笑)

なので、三回目のブログを書いて参りたいと
思います!

寒くなってきましたね。
先週までは晴れた日にはまだタッパで入るサーファーが
いましたが、この気温ではもはやジャーフル!?
的な感じがしております。

晴れた日はまだ温かく感じる今日この頃。
風邪などひかぬようお気を付けください!

さて今日は亜波ライダーの福嶋竜也君のご紹介!!
img_3428

竜也とはもう3年位の付き合いになる。
プロサーファーであり、carver sk8boardのライダーでもあり
なんせ横乗り系は抜群にうまい!
そしてとてもいい男!
これには女性にさぞかしモテるだろうと思うが
彼女はいないらしい…。
img_3425

横道にそれましたが、それよりも今週末にJPSA第8戦(最終戦)
が千葉県志田下海岸で行われます。
img_3426

前回の鴨川戦ではRound4での戦いに僕は熱くなりました。
抜きつ抜かれつの戦いは見るものに感動を与えてくれます。
残念ながら勝ち上がることはできませんでしたが
竜也のポテンシャルの高さを感じました。
img_3432

大会ごとに行った先々でフリーサーフィンをして
個の技術を磨いて迎える最終戦は僕らにとっても
緊張するけど、さっき竜也には
「緊張するな、いつも通り楽しめ!!」
と、連絡したばかりでございます(笑)

img_3429

今年の初戦のバリ島でのフリーサーフィン!
img_3454
TUBE!!
img_3455

フリーサーフィン!!
img_3457

img_3456

img_3428

明日からのJPSA最終戦、がんばれ竜也!!
img_3423

追伸
福嶋 竜也様

ここからは事務員Kが書かせて頂きます。

一体、勝負の世界に身を置く事がどれだけ大変で、どれだけ緊張するものなのでしょうか・・・

毎日をのほほんと過ごすワタクシには想像すらできません。

海という自然を相手にし、その海にはライバルも居て・・・
ギャーーーーー!!ですな(笑)

でも、おばさん、思うわけです。

「自分を信じること、自分を好きでいること、自分すげぇー!と思うこと。」
こそが勝利への一つの道なのではないか、、、と。

今季最終戦に因んで、もっと竜也自身に「自分すげぇ~!」と思ってもらえるお手伝いを!と思い、

勝手に竜也ウィキペディアを作ろうかと思います。

福嶋竜也

昭和の最期、63年7月31日生まれ。
(辰年生まれだから、竜也なのか!?)
記念すべき、「ゆとり世代」の第1号。
B型

竜也は、ゆとり世代とは思えぬほど
「礼儀正しく、礼節、身だしなみがキッチリしている」という印象を受けました。
(ごめんなさいね、ゆとり世代の皆様!!)

ゆとりなのに、これはなぜなのだろう・・・
(ごめんなさいね、ゆとり世代の皆様 PART2!!)
とおばさん竜也を調べてみた。

ら!!!!!!!!!

彼の生まれた日がとても良い日なのである。

昭和63年7月31日は大安。

そして、彼自身の生まれた年月日の特性が

「姿が美しく、純粋で仁徳があり、気高く、慈悲深く、他人から尊敬を受ける」
と言う風に出ている。

なるほど、なるほど・・・彼の礼儀正しさはここから来ているのか・・・

そして、
彼自身、とても「耳」が良く、感覚的にも優れ、音楽などの音に対する感性がずば抜けて良い、らしい。

竜也には未確認だが、たぶんカラオケも上手だと思うし、

モノマネもうまいはずだ。

そういや英語の発音も聞いた通りに上手に発音できる・・・

間違いない。断定!

で、特筆すべき竜也の生まれた日の長所は、芸術性が非常に高いという点。

是非竜也のinstagram @tatsu8_0731をチェックイットアウトしてみていただきたい。

彼の写真の数々はセンス溢れるものであるし、

何より本業のサーフィンもとても芸術的な優雅なサーフィンだな、と素人ながらに思う。

これも本人には未確認であるが、たぶん

第三者的な感覚で、自分の今のサーフィンはこんな感じにカメラに映っているな、と
認識しながら波に乗っているのではないか、と察するわけです。

実は、この特性は結構珍しい特性なのです。
芸能人、特に芸術家に出る特性です。
私の知り合いでこの特性を持っているのは竜也以外に一人しか知らない・・・
(って、私の知り合いが3人しかいないんじゃねーの?ってことではありませんからね!w)

つまりは・・・
つまりは・・・ですよ。

試合当日、竜也の長所である、耳の良さで、波の音・波のバイブスを感じ、

そして、来た波に対して芸術的な感性でメイクすれば・・・・

イケイケ、ヒューヒューなライディングができるのではないか。

気付いたら、「なんか知らんけど、勝ってました!」

的な感じになるのではないかと予想してムフムフしてしまうわけです☆

どーですか、これを読んでる竜也!

なんか知らんけど、自分すげー!って思わなかった!?(笑)

要は、
「あなたは放っておいてもスゴイのです!」

今週末の最終戦、あなたらしい芸術性を全面に出した素晴らしいライディング、期待してますよ!!!!!

以上。


Comment Form

NEW POST BLOG

FACEBOOK

 Copyright (C) 2013 ANAMI DENKO. All Rights Reserved.